こんな時もウィッグを自然に着けたい

いろんな場面でウィッグをつけることがあるでしょうけど、やはり最低限の自然さは欲しいところです。

ウィッグ自然はロングでイメチェン

ウィッグ使うのはどんな時?

みんなそれぞれウィッグを使う時は違うでしょうね。
普段使い以外では、ここぞという時に着ける人もいるんでしょう。
例えばこういう場面ではどうでしょう。

  • 結婚式(二次会)
  • パーティー(イベント)
  • コスプレ
  • 成人式
  • ダンスショー
  • 舞台・公演

いくらでもありますが、思いつくのを書いてみました。
他にもいくらでもそういうウィッグが活躍してくれる場面はあるでしょう。
場面ごとによっては、それほど気にならない場合でも、逆にすごく自然さが気になることもあるでしょう。

 

例えば、コスプレの場合は、自然もなにもみんなウィッグを被ってるのがだいたいでしょうから、違和感も感じにくいかな。
ショーなんかは自然さというより、外れにくいかというのも大事になってくるでしょう。
結婚式とかでも結構持ってるからあまり不自然になりにくいかなと思います。

 

そう考えると普段使いのウィッグが一番自然さを求めるかなとは思います。

着けてるのが分からないくらいのウィッグ

ウィッグもどんどん変わってきたでしょうし、これからも変わっていくのでしょうね。
恐らくですが、求められてるのはより自然なものでしょう。
今でも十分ほとんどばれないくらい自然なのはありますが、もっともっと自然で安いのが出てきたら、ウィッグの需要もさらに増すのではないかと思うのです。
それくらい確かに便利なものですよね。
どんどん面倒なことを避けるようになってきた自分が情けないとも思いながらもやっぱり便利なものには頼りたくなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ