ウィッグロング自然

ウィッグを被るならフルでもハーフでもポイントでもやはり自然なのにこだわりたいと思っています。つむじやボリューム、髪質や境目が自然なウィッグを探しています。ロングは絡まりやすいかもしれないから慎重に選びたいです。

自然なロングウィッグを通販で欲しい

ウィッグでロングで自然なシリーズ

ロングヘアは女性らしさをアピールできるよね。
今は髪の毛が短いけどロングヘアを実現するならウィッグを被るという手もあります。

 

ただ、ウィッグの中でもロングというのは毛が絡まりやすいのが困りものです。
それにロングウィッグといっても、

  • ストレート
  • ウェイブ

などいろんな種類があります。
私の中ではとにかく自然なのがいい。
「つむじ」や「テカり」「ボリューム」「軽さ」「被り心地」など、自然なロングウィッグが欲しいな♪

ウィッグもロングだとその分重くなる

ウィッグの重さは地毛と一緒で長くなればなるほど、ボリュームがあるほど重くなります。
人工ファイバーか人毛かにもよるでしょうし、その質のよっても異なるでしょう。
少なくとも短いより長いほうがそれだけ重くなる可能性があるということは間違いないと思います。
口コミの中にも同じように長時間ロングウィッグを被ってると頭痛がしてくるという人もいます。個人差があるとは思いますが、やはり地毛と比べると重さを感じるのは仕方ありませんが、自然にとまではいかなくても、学校や会社ならどうしても長い時間被ることになるでしょう。
フルウィッグでなくても、ハーフウィッグやポニーテールの部分ウィッグなんかもあります、エクステという手もありますから、いろんな方法を考えて見たいと思います。

天使のウィッグシリーズはロングでも自然

数多くあるロングウィッグの中で自然さを求めて探してるとまず私がたどり着いたのが天使のウィッグシリーズでした。
天使のロングストレートウィッグが自然だという口コミは多くありますが、どのような点が自然なのかをチェックしてみました。
軽さ、テカリなどもそうですが、やはり被り心地という点では安いウィッグとはみんなのコメントが明らかに違うと感じました。
安いウィッグというのをいくらくらいのを指すかは人により価値観の違いもあるでしょうけど、私の場合は3,000円台くらいのフルウィッグなら安いと思ってます。
ですので、1万円近くするこのシリーズはそれらと比べると倍以上となります。
ハンドメイドというのがいかにすごいかというのは、他のと比べると分かると思います。
ですので大量に生産できないため、売切れており、再入荷を待ったことがある人も多いのではないでしょうか。
数年前から比べると技術も進歩してきたのかしりませんが、時代の流れなのか、安くて不自然なウィッグより、少し高いけどさらに自然なものを求める人が増えてくるのかなと思いますがどうでしょう。

ウィッグでロングにするためにフルとハーフとポイント

今髪型がショートだとして、それをロングにするにはウィッグやエクステが手っ取り早いですね。
ロングなのをショートにするならカットすることも出来ますが、その逆は出来ないです。

 

ではウィッグを使うとしてどんな種類があるのか大まかに見ていくとします。

自然なロングウィッグ画像

頭の多い方、付け方によって大きく3つに分かれます。

  • 頭全体を覆うフルウィッグ(オールウィッグ)
  • 前髪は地毛を使うハーフウィッグ
  • 部分的につけるポイントウィッグやエクステ

 

今のヘアスタイル、ボリュームによってもおすすめは違ってきます。
今ボリュームがあるヘアスタイルでフルウィッグを被るとなると頭が大きくなる可能性があります。
髪の毛をまとめてネットにおさめてフルウィッグを被るわけですから、うまくおさめないと、頭だけが目立つようなスタイルになってしまうかもしれません。
もちろんメリットもあります。
頭全体を覆うわけですから、境目がないため、地毛とウィッグの色を合わせる必要がないとういことです。

 

ではハーフウィッグはどうでしょう。これを好む人も多いのですが、こちらは前髪は地毛を使うので、ポンパでアップスタイルにするのも可愛いです。
ロングウェイブも大人女性の魅力を引き出してくれそうです。
ハーフウィッグの場合は、必ず地毛との境界線が出来ますので、そこの不自然さをどう補うかは大事ですね。
リネアストリアのフルハフウィッグのように、それぞれの良いとこどりのようなものもありますし、境目を手植えしてるのもあります。
やはり悩むところ、不満を持つ部分は結構同じようなところなので、そこをいかに自然に見せるかを作る側も考えてくれているようです。

 

あとはポイントウィッグですね。
これはクリップやマジックテープでつけるだけなので手軽さは1番でしょう。今があまりもショートだと難しいかもしれませんが、やはり地毛との兼ね合いはあります。
ウィッグの好きなところは、美容院に行かなくても自分でいろんなオシャレを楽しめることにもあります。カラコンとあわせたり、ドレスとあわせたり、増えてくるとおき場所も取られますが、気分転換にもなりますからいいと思います。
ポイントウィッグは安いからチャレンジするにはもってこいよね。
ウィッグ自然通販はこちらウィッグ自然通販はこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ